Hits: 1

Albertina     >>

<<     A-Z     >>

アルベルティーナという名称は、創始者の公爵Albert Kasimir von Sachsen-Teschenに由来する。
このパレスはウィーン残された最後のBasteimauern堡塁(ウィーンの外周に造られ堡塁同士は互いに組み合わされて都市に砲弾が落ちないよう防衛線の役目を果たした。)跡に建っている。

美術館であり、基礎を置いてきたグラフィックアートの分野では世界屈指で44,000点あまりの線描画と150万枚の版画コレクションがある。
さらにダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエルといったイタリア後期ルネッサンスの画家、ルーベンス、レンブラント、そしてデューラー作といった版画の収集品は希少価値が高い。20世紀の美術はとりわけグスタフ・クリムトとエゴン・シレーに代表されている。
ルーベンスの ,,子ども観察�をはじめ、シレー、セザンヌ、クリムト、ココシカ、ピカソ、 ラウシェンベルクらによる名作は交替で展示されている。
近年新たにHelmut Newton, Lisette Modelといった写真収集にも力を入れている

>>