Hits: 13

Altes AKH     >>

<<     A-Z     >>

旧Allgemeines Krankenhaus(AKH)は貧民収容所であったが皇帝ヨゼフ2世(1741-1790)の鶴のひと声で1784年病院となった。
この病院には精神科、産科と捨て子養育所が設置された。Narrenturm(狂人の塔)はヨーロッパ初の精神病患者宿泊療養のための特殊建築であった。
何はともあれ、19世紀にはウィーン公立病院は医学研修の本場、医学研究の中心へと発展した。

現在、Altes AKHの敷地内には、ウィーン大学のキャンパス、多くの精神医学の研究施設、 カフェ、レストラン、スーパーマーケットなどの小さな店舗、遊具を備えた子どもの遊び場がある。
11月終わりから12月24日までここにはChristkindlmarktクリスキンドル・マルクトと呼ばれるクリスマス市が立つ。近所の市庁舎のクリスマス市に比べると平穏で温かい雰囲気である。 Narrenturm
5階建ての要塞にも似た円柱の建物。差し入れ口のような窓もあり、200から250人の精神病患者を収容できた。
この建物はヨゼフ2世のもと1784年Isidore Canevaleによって建築され、現在では病理解剖学博物館として使用されている

>>