Hits: 8

Beethoven-Denkmal     >>

<<     A-Z     >>

ルードヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン(1770-1827作曲家)のブロンズ像は 1880年カスパー・フォン・ツンブッシ(1830-1915)によって建てられた。

1787年ベートーヴェンはモーツァルトの下で音楽を学ぶという目標を持ってドイツのボンからウィーンへと旅立った。実際ウィーンに来てみるとモーツァルトの門下生にはなれず、おまけに母親が病気という知らせをうけ、予定を繰り上げて故郷へ帰った。
ドイツでの学生時代かれはフランス革命の思想に強く感銘を受けた。

22歳になったベートーヴェンは再びウィーンへ音楽を学びに出かける。そして、かれが再び                 故郷の土を踏む事はなかった。
モーツァルトは既に亡くなっていたが、ヨゼフ・ハイドンとアントニオ。サリエリが ベートーヴェンを作曲の門下生として受け入れた。
難聴に見舞われたりもするが、ウィーンで一流の作曲家として名を馳せ、膨大な数の名曲を遺した

>>