Hits: 1

Lueger Denkmal     >>

<<     A-Z     >>

Dr.Karl Luegerは法律学者であり、キリスト教社会主義派の政治家。1897‐1910年はウィーン市長を務めた。カール・ルエガーは自由思想と闘ったために報道関係者を敵に回した。
彼は素晴らしい弁士であり、強いカリスマを併せ持った「護民官」であった。反ユダヤ主義と度々同調したが、彼はそれを目的のための手段と捉えていたらしい。

彼の成した地方自治体レベルでの大きなプロジェクトは、ガス・電気供給。森林と緑地の帯                                                                             (緑地拡大運動)。社会福祉事業。ウィーン第二の水源確保。交通網整備。これらを通じて カール・ルエガーは高い人気と賞賛の声を得た。

>>