Hits: 11

Wiener Musikverein     >>

<<     A-Z     >>

楽友協会ホールとして日本でも知られる。毎年元日のニューイヤーコンサートの催されるGrosse (Goldene) Musikvereinsaalもここにある。
擬古典主義の建築家 テオフィル・フォン・ハンセンによって設計され、
1870年1月6日祝祭コンサートでムジークフェラインの歴史の幕は切って落とされた。
恒例のウィーンフィルによるニューイヤーコンサートでは、,,美しく青きドナウ�が必ずプログラムに含まれ、最後のアンコールで、,,ラデツキー行進曲�が演奏されてコンサートを締め括るのが伝統である。
このニューイヤーコンサートの晴れ舞台は指揮者としても選ばれる事にとても意義がある。

>>