Hits: 1

Wittgensteinhaus     >>

<<     A-Z     >>

ハウス・ヴィトゥゲンシュタインは建築家Paul Engelmann(Adolf Loosの弟子)と哲学者 Ludwig Wittgensteinの共同創作(1926-1929)となったこの建物は、Wittgensteinの姉 Margarethe Stonborough-Wittgensteinの居住空間として建てられ、ウィーン建築界でほかに類を見ない極端な独自性を持つ。
彼はすすんで人工的な、モダンな素材を使用し、当時ウィーンの住宅建築では一般的でなかった床暖房、施錠部位などの特殊な窓、人造石の床などを用い、あくまで使い勝手にこだわった。

1971年に切り崩して商業ビル用地となる計画がもち上がったが、瀬戸際で文化財保護に指定され、事なきを得る。
1977年以降、在オーストリア・ブルガリア大使館がこの建物を文化研究所として利用しており、

>>